「引越し後に気分が上がらない・・・」引越しうつ病ってなに?

うつ病は国民病と言っても良いかもしれません。

 

様々な方が実際にうつ病になっており、現在治療している実態があるのです。

 

実はそのうつ病ですが、仕事や人間関係で発生するわけではありません。

 

実は、引っ越しを原因としたうつ病もあるのです。

 

こちらでは、引越しうつ病とはどういったものなのか、さらにどのように治していけばよいのか、といった事をお話します。

 

引っ越しを控えている方、すでに引っ越しをしてから気分が上がらない、といった状態が続いている方は必見です。

 

 

■引越しうつ病とは何だ?

 

・引越し後に起こる憂鬱感

 

引っ越しは大きな影響を心身に与えます。

 

毎日忙しく作業を行うなど疲労感も溜まっていくのです。

 

結果的に、風邪を引いてしまったり、寝込んでしまったり、といった方も多いのではありません。

 

引越し作業を行っている最中は忙しいので、基本的に気分もハイです。

 

身体を動かすこともしますし、手続きをするなど頭をつかうようなこともあるわけです。

 

かなり大きな疲労の蓄積がされてしまう、といった状態になりかねません。

 

そして実際に新居に到着して、ある程度作業が終了すると、ちょっとした虚無感に襲われてしまうのです。

 

引越前は新居に対して、ちょっとした楽しみな気分もありましたよね。

 

しかし、実際に住んでみて、今までと大きな違いがない、といったことに気づいてしまうわけです。

 

注意して欲しいのが、慣れない土地にいる、といったことです。

 

その地域の風習に頭を悩ませてしまう、ということもあります。

 

さらにその地域には知り合いがいない、といったこともあるでしょう。

 

友達もいなければ、家の中に閉じこもってしまう、といったこともありえるわけです。

 

 

・引っ越しうつ病は女性に起こりやすい

 

要は専業主婦に起こりやすいのです。

 

男性に関しては、仕事があるので、基本的に引越し前と似通った環境で生活の一部は行っているわけです。

 

一方で専業主婦は、家の中にいても今までとは異なります。

 

さらに、買い物に行っても今までとは異なってしまうのです。

 

新しい情報が一気に頭のなかに入り込んできてしまい、混乱してしまうのです。

 

その結果として、憂鬱な気分が出てきてしまいます。

 

では、引越しうつ病に対処するためにはどうすればよいのでしょうか。

 

改善方法を探ってみましょう。

 

 

■引越しうつ病を予防したり改善させたりする方法とは

 

大前提として、あまりに重度な症状の場合は医療機関で治療を受けて下さい。

 

こちらではあくまで気分が多少落ちてしまっている時に有効な対策方法を提案します。

 

また、引っ越しうつ病は慣れるまでの一時的なものであるケースも多いです。

 

落ち着いてきたら、徐々に治る、といったことがほとんどなのです。

 

 

・部屋づくりの考え方を変えてみる

 

引っ越し直後は、部屋を少しでも思い通りにしたい、と思っている方がほとんどです。

 

完璧さを追求してしまいます。

 

完璧を追求してしまうと、どうしても部屋づくりに納得ができない、といった状態になってしまうのです。

 

家の中にずっといるような状態にもなってしまい、完ぺきにできないことでイライラも募ってしまうのです。

 

ここで注目して欲しいのが頑張り過ぎない、ということです。

 

あくまで余裕を持って部屋づくりを行っていきましょう。

 

部屋づくりに関しては、数ヶ月かけて行っていくのが良いとされています。

 

生活していくと、どうしてもモノも増えてくるので、ものが増えたら適宜柔軟に部屋づくりをしていくのがおすすめです。

 

 

・焦って人間関係を構築しようとしないこと

 

地域の人とのつながりを持ちたい、といった気持ちはわかります。

 

しかし、引っ越してすぐに仲の良い人を作る、というのは簡単ではありません。

 

地域にはもはやコミュニティが出来上がっているので、引っ越ししてきたばかりの方は、簡単に言ってしまえばよそ者です。

 

急に友だちができるわけではないので、ゆっくりと人間関係を構築していきましょう。

 

焦った結果、かえって人間関係がギクシャクしてしまうかもしれません。

 

それに、知らない人と一緒にいる時間が長いと、それだけでも精神的な負担になってしまい、かえってうつ病を招きやすくなってしまうのです。

 

引越し作業が落ち着いてから、地域の集いに少しずつ参加するのも良いでしょう。

 

お子さんがいる場合には、子育てサークルに参加するのも良いかもしれません。

 

近所の店舗によく行くようにするのもおすすめです。

 

たとえば美容院などは地域の情報も手に入りやすく、近所の方も通っているので、人間関係の構築に役立ってくれる可能性が高まります。

 

 

・休養日を作ること

 

引越し後は毎日のように引越し関連お作業を予定に入れてしまうかもしれません。

 

手続きをしにいかなければなりませんし、部屋のレイアウトを決める、といったことも行うでしょう。

 

しかし、ずっと行動し続けると、いつかはガス欠の状態になってしまうのです。

 

1週間に1回から2週間に1回程度は完全な休養日を作って下さい。

 

ストレスを溜めないことも引っ越しうつ病対策になります。