春?夏?秋?冬?引っ越しが多い季節はいつかのか

引っ越しですが、実は季節によってかなりの差があることがわかっているのです。

 

引っ越しの多い季節と少ない季節があります。

 

実はそのことを知っておくことで、引越し料金が安く済ませられたり、予約が取りやすくなったり、といったメリットもあるのです。

 

果たしてどの季節に引っ越しが多く行われているのでしょうか。

 

解説させてもらいますね。

 

 

■引っ越しが最も多い時期を教えて!

 

・3月15日から4月20日まで

 

いわゆる年度替わりの時期に、引っ越し量がピークを迎えます。

 

就職がある時期ですし、学校の入学もある時期ですよね。

 

しかも、年度替わりに合わせて、転勤が決まっている、といったケースもありますし、転職もこの時期に合わせて行われる機会が多いのです。

 

3月から4月にかけては、引越し業者にとっては稼ぎ時、いわゆる繁忙期と呼ばれる時期に入ります。

 

・レンタカーで引越し業者が業務をしても良い時期である

 

あまり知られていないことですが、普段は緑ナンバーの車しか引っ越し業者は引っ越し業務をしてはいけないのです。

 

しかし、3月15日から4月20日はあまりに忙しい時期なので、白ナンバーのレンタカーでも営業して良い、といった決まりがあるほどです。

 

いかに年度替わりの時期に引っ越しが多いかが分かりますよね。

 

 

■引っ越しが最も少ない時期はいつ?

 

・6月

 

ちょっと意外に感じるかもしれませんね。

 

結婚する人が多い季節でもある6月なので、引っ越し利用が増えるかとおもいきや、実は年間で最も少ないとされています。

 

そもそも、祝日がない6月は引っ越しには適していない、とされているわけです。

 

実はゴールデンウィークまでは、ある程度引っ越しが多いのです。

 

しかし、ゴールデンウィークが終わると暇になり、7月末の夏休み期間に入るまではその状態が続く、といった状態になります。

 

 

■引っ越しがお得な時期はいつなの?

 

・繁忙期以外の時期

 

年度替わりや、ゴールデンウィーク、お盆休み、さらに近年では秋のシルバーウィークは、引っ越しが多い時期とされます。

 

その時期を外せば、基本的にお得な引っ越しができるのです。

 

特にお勧めなのが、やはり6月ですね。

 

引越し業者は特に暇な時期となるので、繁忙期と比べると価格が半額で利用できるケースも有るほどです。

 

また、6月以外では11月も比較的お得な時期とされています。

 

社会人の異動は12月に多いので、その前の11月はそれほど忙しくない、といった特徴があります。