忙しいけど大事なことばかり|引越し後14日以内にやるべきこと

引っ越しをしてから約2週間はかなり忙しい毎日をおくることになります。

 

そんな時にだらけてしまっては、後で手続きが大変なことになりますよ。

 

こちらでは引越し後14日以内にしなければならないことをお話します。

 

引っ越しを控えている、といった人は要チェックです。

 

 

■市区町村の役場で手続きしなければいけないもの

 

・転入届の提出または転居届の提出
・印鑑登録の手続き
・国民健康保険への加入
・国民年金の登録
・母子手帳の登録や変更
・児童手当の手続き
・バイクの住所変更

 

市区町村で手続きするものは、基本的に直接訪問が求められるので優先的に行って下さい。

 

なるべく効率的に行うために、準備して役場に向かって下さいね。

 

早い時間帯に役場に入り、少しでも多くの手続きを1日のうちに行ってしまうのです。

 

『市区町村での手続き時に必要になる書類とは?』
・転出証明書
・印鑑
・身分証明書
・国民年金手帳
・振込先の口座番号
・前年度住民税の課税証明書または所得証明書
・請求者本人の健康保険証
・車検証

 

必要書類については数が多く、どの手続にどの書類が必要になるのか、といったこともわかりづらいと思います。

 

まずは、役場に連絡してそれぞれの手続にどのような書類が必要になるのかを確かめて下さい。

 

忘れてしまうと、せっかく訪問したのにその日のうちに手続きができなくなってしまうかもしれませんよ。

 

 

■その他の場所で行われる手続きについて

 

・運転免許の住所変更

 

警察署か運転免許センターへ直接向かって手続きを行って下さい。

 

手続きに必要な書類は、印鑑と住民票です。

 

・自家用車の住所変更

 

引越し先の管轄している運輸支局へ直接手続きを実施します。

 

必要書類は、印鑑車検証、車庫証明、住民票となります。

 

・電気と水道の手続きについて

 

こちらは郵送対応が可能です。

 

使用開始連絡のハガキや水道使用開始申込書を郵送することになります。

 

遅れてしまうと、電気や水道の利用に問題が生じてしまいかねないので、急いで対応して下さいね。

 

・インターネットの手続きについて

 

最近では、インターネットがなければ生活にも支障をきたしてしまうものです。

 

早めに手続を実施して使えるようにしなければなりません。

 

手続き方法としては、プロバイダー会社に対して電話やネットから手続きができます。

 

会社に訪問する必要もないので、手続きとしては簡単ですよ。

 

・子供の学校の転校届けについて

 

教育委員会と通う予定の学校に対して転校届けを出すことになります。

 

必要書類は、住民票、転入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書です。

 

直接訪問をして手続きをしなければなりません。