引っ越しまで荷物を預かってもらう事はできるのか?

退去日と入居日が離れているような引っ越しを行う場合もあります。

 

契約などの関係で、退去日が早くなりすぎてしまったり、入居日が遅れてしまう、といったこともあるのです。

 

自分はビジネスホテル等に宿泊してその期間を過ごせば良いかもしれませんが、引っ越し荷物はどうすれば良いのか、といったことを考えなければなりません。

 

ホテルの部屋に持ち込むことは出来ませんよね。

 

こちらでは引越し荷物の一時預かりサービスについて徹底調査してみました。

 

引越し業者が荷物を預かってくれる、なんてことをしてくれるのでしょうか。

 

 

■一時荷物預かりサービスあり

 

・ほとんど業者が行っている

 

そもそも、退去日と入居日に開きがある、といったことは珍しい訳ではありません。

 

引越し業者としても、自分たちのサービスを利用してもらうために、一時預かりサービスを行っているわけです。

 

ただ、中小の業者であると、対応できないこともあります。

 

引越し業者に荷物預かりサービスを行ってもらいたいのであれば、大手の業者を利用して下さい。

 

・引越し業者はドコで荷物を預かってくれるのか?

 

トランクルームで預かってくれます。

 

引越し業者では自分たちでトランクルームを所有しているケースもありますし、トランクルーム業者と提携している例もあるのです。

 

そちらに荷物を一時的に保管して、入居日がやってきたら、荷物を運ぶ、といったことができます。

 

ちなみに、自分でトランクルームと契約する、といった方法もあります。

 

しかし、これは二度手間になってしまうことも考えられます。

 

まず旧居からトラングクルームに荷物を運んでもらいます。

 

そして入居日がやってきたら、再び引越し業者にトランクルームから荷物を運んでもらうのです。

 

2回契約しなければならず、引っ越し料金も高くなってしまうので、あまりおすすめな方法とはいえません。

 

 

■引越し業者の荷物一時預かりサービスの料金はどれくらいか?

 

・ダック引越しセンター・・・18,900円(1コンテナ)
・エース引越しセンター・・・半年間は無料で利用ができる
・ファミリー引越しセンター・・・月あたり1,575円
・カルガモ引越しセンター・・・最大1ヶ月無料・月額6,851円から22,785円(荷物によって金額に差あり)

 

中には無料で一時預かりサービスが利用できる、といったことも分かりましたよね。

 

また月あたり数千円で利用できるわけですから、大きな負担にならないこともわかったと思います。

 

引越し業者の荷物預かりサービスをぜひ利用しましょう。