引越しに適した日取りに注目!いつが良いのか?

引っ越しする日程ですが、色々考えてしまいますよね。

 

親御さん世代と引っ越しする場合には、縁起的なものも関わってきます。

 

また、引っ越し日程によっては、引っ越し料金も大きく関わってくるのです。

 

こちらでは引っ越しと日程について詳しく解説します。いつにしたら良いのかで悩んでいる人は必見です。

 

 

■引っ越しに適した日程〜縁起的なものから考えてみた〜

 

・六曜に注目しよう

 

六曜とは、大安とが友引といったものになります。

 

カレンダーの日程の下の方に記載されていることが多いですよね。

 

実は、引っ越しにも、その六曜が大きく関係しているのです。

 

・大安が最も引っ越しに向いているとされる

 

イメージ的にもわかると思いますが、最も引っ越しに適した日程とされているのが「大安」です。

 

縁起的にも抜群に良いので、実際に多くの方が大安に合わせて引っ越しを実施しているのです。

 

・一方で引っ越しに適さないとされる六曜とは?

 

仏滅と友引です。

 

双方ともに、縁起が悪い日とされているので、どうしても人気がないのです。

 

しかし、友引については諸説あります。

 

「何事も引き分けになる」といった意味も含まれており、特に上がり下がりがない一日、といった考え方もあります。

 

六曜を気にする人であったとしてもあまり気にすることはありませんよ。

 

縁起的な引っ越しに適した日取りを述べましたが、縁起は気にしない、とった方も若者を中心に増えてきました。

 

今度は料金を重視して引っ越しに適した日を考えてみることにします。

 

 

■引っ越しに適した日程〜低料金を中心として〜

 

・平日を選ぶこと

 

週末と平日では、引越し業者での設定価格に大きな違いがあるのです。

 

実は、平日のほうが安く設定されていることが多く、平日に引っ越しができれば節約ができます。

 

特に曜日で言えば「土曜日」が高めに設定されていることが多いので注意しましょう。

 

・仏滅や友引を選んで引っ越しをする

 

仏滅や友引はどうしても利用者が少なくなります。

 

引越し業者としても安定的に稼ぎたい、といった思いがあり、契約数の少ない友引や仏滅は料金設定を下げているのです。

 

低価格で引っ越ししたい場合には、積極的に仏滅や友引の日を利用しましょう。

 

・年度末に引っ越しを行わない

 

年間で最も引っ越しが多くなるのが、年度末です。

 

就職や転職、さらには学生の入学と言った時期も重なります。

 

これから環境が変わってくるので、引っ越しが特に多くなるのです。

 

2月くらいから4月のはじめにかけては引っ越し料金が高い状態が続くので、安く引っ越しをしたいのであれば時期をずらしましょう。