引越しの時賃貸住宅の退去時の掃除はどこまでやるべき?

引っ越しをする時に、賃貸住まいであれば、原状回復といったことが言われるわけです。

 

部屋をきれいな状態にして大家さんに返さなければなりません。

 

しかし、どこまで綺麗に掃除して大家さんに部屋を返せばいいのか、といったことはあまり知られていないことです。

 

たとえば、壁紙を取り替えなければならないのでしょうか。

 

カーペットを取り替えなければならないのでしょうか。

 

畳はどうするのでしょうか。

 

単に綺麗に掃除しておけばよいのでしょうか。

 

非常に悩ましい問題ですよね。

 

 

■原状回復義務の中身について

 

・全てにおいて原状回復する必要はない

 

住んでいるうちに、どんどんと劣化してしまうのはアタリマエのことです。

 

壁紙だって色がついてきますし、床だって傷がついてしまいます。

 

それらを元通りにしなければならない、といった義務はありません。

 

そのままにして良いのです。

 

もちろん、あまりにひどい場合には、費用を請求されてしまう可能性はあります。

 

一般的な利用をする上で汚れてしまった分には、元通りにする必要はない、といったことになるのです。

 

・自分で勝手に直さないこと

 

壊れてしまっている設備もあるかもしれません。

 

それらの設備は一応大家さんのものでもあります。

 

退去時に自分で勝手に直す、といったことは出来ません。

 

そもそも壊れてしまうのは仕方ないことなので、あなたの責任ではない、と判断されることもあります。

 

修繕義務が大家さんにあることも多いので、壊れた設備はそのままにしましょう。

 

 

■一般的な掃除はしっかりと行っておくこと

 

・水垢などはできるだけ取っておこう

 

特に汚れやすいのが、水周りになります。

 

台所やお風呂場、そしてトイレは汚れが出てしまうので、しっかりと綺麗にして下さい。

 

大家さんの印象もアップするので、もしも水周りが綺麗だと、敷金がたくさん戻ってくる可能性が高まります。

 

特に水垢に関しては落ちにくいものではありますが、しっかりと薬剤を支えば落ちるので、時間を掛けてでも綺麗にしましょう。

 

・ガスコンロの汚れにも注目

 

大家さんは長年の勘があり、どういったところが汚れやすいかも知っています。

 

水周りもその一つですが、もう一つコンロ周り、といったものも汚れやすい場所なのです。

 

油汚れがこびりついているので、そこが汚れていると非常に印象が悪くなります。

 

普段から油汚れは綺麗にして欲しいですが、引越し前にはコンロ周辺を重点的に掃除して下さいね。