業者対策|引越し日の何日前に引越し見積りを取るのがいい?

引っ越しをする時は、引越し業者を利用するわけですが、引っ越しのどれくらい前に見積もりをとっておくべきか、といったことを考える必要があります。

 

そもそも見積は、業者を決めるのに非常に役立つものです。

 

引っ越し予定直前すぎてしまえば、時間がなくなってしまうこともあります。

 

こちらでは引っ越しの見積日程について詳しく解説します。

 

そろそろ引っ越しの計画を立てよう、と思い始めた人は必見です。

 

 

■1ヶ月位前に見積もりを取るのがおすすめ!

 

・早すぎてもダメ
・直前過ぎてもダメ

 

業者によっては、3ヶ月から4ヶ月前に見積もりが取れるケースも有ります。

 

しかし、あまりに早く見積もりをとってしまうと、間延びしてしまいます。

 

まだまだ時間があると思い、なかなか決断できないこともあるのです。

 

一方で、業者によっては引越し予定日の1週間前に見積が取れるケースも有ります。

 

しかし、あまりに直前で、今度は考える余裕もありません。

 

引越し見積もりを取るということは、いくつかの業者の中から選ぼうとしているケースも多いわけです。

 

1週間程度では情報を見比べているうちに終わってしまいますよ。

 

また、直前すぎるリスクとして注目して欲しいのが、予約が取れない、といった現象です。

 

どんどんと予約は埋まっていくものなので、あまりに直前の見積りからの契約となると、引越し予定日に間に合わない、といったことも考えられます。

 

お勧めなのが、1ヶ月くらい前に見積もりを利用することです。

 

たくさんお業者から見積もりを取る場合には、少し余裕を見て2ヶ月位前から見積もりを取り始めましょう。

 

少し早いと思うかもしれませんが、業者選びには1週間から2週間程度かかるケースも有るので、多少は余裕があったほうが良いのです。

 

 

■早く見積もりをとって契約に進めば早割対象になることも!

 

・割引が採用されることもある

 

契約が直前の場合と前もって契約してくれる場合では、引っ越し業者としても前もってのほうが計画が立てやすいわけです。

 

直前であれば、スタッフを集めるのも大変、といった状況になりかねません。

 

そこで少しでも業務がしやすくするために「早割」といった制度を設けているのです。

 

期間については、各引越し業者にもよりますが、たとえば1ヶ月前までに契約してくれたら「5%割引にする」とか「10%割引にする」といったこともあります。

 

10,000円前後が割引になることも有るので侮れませんよ。