引越しのときに旧居と新居では近所にどんな挨拶をすべき?

引っ越しの時には、挨拶が非常に大事になります。

 

旧居と新居で行うべきなのですが、どういったタイプの挨拶が適当なのでしょうか。

 

解説させてもらいますね。

 

最近では近所付き合いが希薄になっています。

 

ですから、挨拶をしなくても良いのでは、と思っている人もいるのです。

 

しかし、最近ではご近所トラブルも多く発生しています。

 

中には、引越し時に挨拶がなかったことからトラブルが発生することもあるのです。

 

十分に注意して挨拶を実施して下さいね。

 

 

■旧居の挨拶について

 

・引越し日程を伝えておくこと

 

必ず引っ越し日程を旧居のご近所さんには伝えて下さい。

 

引越し前後はあなた自体がちょっとした物音を出してしまうことになります。

 

さらに、引越し当日には業者も来て、荷物の運び出し、といったものを実施するのです。

 

旧居のご近所さんに伝え忘れてしまうと、騒音と感じられてしまうことにもなりかねません。

 

引越し当日にご近所トラブルが起きてしまう可能性もあるのです。

 

一方で、事前に引越し日をしっかりと伝えて挨拶しておくことで、なぜ音が出ているかもご近所さんは分かるわけです。

 

人間というものは、音の原因が分かればそれ程うるさいと感じないものでもあります。

 

引越し前は忙しいので挨拶は大変かもしれませんが、しっかりと行っておくべきですよ。

 

もちろん、挨拶をする時は、いままで付き合いがなかったとしても「お世話になりました。」としっかりと伝え、引っ越しの粗品を渡して下さいね。

 

 

■新居の挨拶について

 

・引っ越しの日程を伝えておくこと

 

こちらも一緒です。

 

引っ越しする当日など日程をあらかじめ伝えておくことが肝心です。

 

騒音トラブルを引き起こしてしまわないようにすることがまずは大事です。

 

また、引越し後は、荷物の移動など部屋の中で少しうるさい状況になってしまうかもしれません。

 

集合住宅の場合は音が響いいてしまうかもしれないので、やはり引っ越しの日程は前もって伝えておくべきです。

 

・いつ挨拶するべきか?

 

事前の連絡がお勧めです。

 

引越し後に挨拶する手法もありますが、やはり引越し当日の騒音を前もって伝えておく必要があるのです。

 

1週間前後前であれば、日程なども覚えていてもらえるかもしれませんよね。

 

1ヶ月前であれば日程も忘れられているので、早ければ良い、といったわけではありません。

 

・女性の一人暮らしの場合は注意

 

例外ですが、女性の一人暮らしの場合は、挨拶に行かないほうが良い、といったケースも有ります。

 

特に、男性が多く住んでいるような集合住宅の場合は、女性の一人暮らしが始まると伝えているようなものです。

 

ケースバイケースで挨拶は行いましょう。