引っ越しまで時間がない人が予定通りに引っ越しするコツ

引っ越しまで時間がなくて荷造りの時間が取れない、なんてケースも有ると思います。

 

引っ越しの予約を直前に入れてしまう、なんてこともあるでしょう。

 

こちらでは準備期間が短くても、問題なく引っ越しする方法について詳しく解説します。

 

 

■有給休暇を有効活用すること

 

・1日全てを引っ越しのために使える状態にすること

 

難しいこともあるとおもいますが、やはり一定の時間を確保しなければ引っ越しはうまくいきません。

 

有給休暇を引越し前にとってください。特に荷造りに関しては、一人暮らしであってもそれなりに時間がかかります。

 

ダンボールに荷物を詰めたりしなければならないのです。

 

物件に長く住んでいた場合には、不要品もたくさんあるはずです。

 

不要品の選別や処分もしなければなりません。

 

荷物の整理にかけられる時間を確保するのが引っ越しまでに時間のない人がすべきことなのです。

 

 

■不要品については即断即決すること

 

・いらないものはバンバン捨てる

 

悩んでいる暇はありません。

 

あなたが手にとったものが引越し先でも使うのか、それとも使わないかを瞬時に判断しなければならないのです。

 

1個1個時間をかけて判断している時間はありません。

 

ここのコツとしては、迷ったら不要品にしてしまうことです。

 

迷ったということは、引越し先でも使わない可能性が大いにあります。

 

もしも必要になってしまえば、引越し先で購入すればよいのです。

 

いまはとりあえず、時間短縮がメインなので、いらないと判断できるものはすべて捨ててしまうべきです。

 

 

■引越し業者のオプションを利用することもおすすめ

 

・引っ越しをスタッフに手伝ってもらう

 

忙しくて、ほとんど引っ越しの準備ができなかった、なんて人もいるかもしれません。

 

そんな場合には、引越し業者で用意しているオプションを有効活用すべきです。

 

ダンボールに荷物を積める作業を手伝ってくれる業者も実際にあるのです。

 

もちろん、オプションなのでお金がかかってしまいますが、時間がないのであまり考えている暇はありませんよ。

 

 

・エアコンの取り外しもお願いしておく

 

エアコンを引越し先でも利用する場合には、取り外しを依頼しておきましょう。

 

引越し業者が、取り外しの業務をオプションで行ってくれるケースも多いのです。

 

 

■事前に手続きだけは済ませておくこと

 

・ガスや電話、ネットなどは手続きをしておくこと

 

ライフラインの手続きは前もって済ませておく必要があります。

 

ネットの手続きに関しても、引越し後すぐに使えるようにしておかなければなりません。