断捨離しよう!引っ越しで不要品を捨てるコツ

引っ越しをお得に行うコツは、少しでも荷物を減らすことです。

 

そこで考えるべきなのが、不要品を捨てる、といったことなのです。

 

これから使う可能性が少ないものは積極的に捨ててしまいましょう。

 

しかし、どうしても物が捨てられない、といった方もいるのです。

 

こちらでは、引っ越しで不要品を捨てる方法を解説します。

 

引っ越しを控えている方は必見ですよ。

 

 

■3年使っていないものは捨てること

 

・3年使っていなければ、今後使う可能性は極めて少ない

 

3年間着ていない服があるとします。その服を今後着る可能性は著しく低いです。

 

そもそも、服に流行りや廃れがあるわけです。

 

3年着ていないということは、今後着る機会は殆どありませんよ。

 

大事にとっておいても、タンスの肥やしにしかなりません。

 

捨ててしまいましょう。

 

他にも3年使っていないものはたくさんあると思います。

 

家電品の中にも。3年間全く使っていないものがありませんか。

 

仮に家電品が捨てられるようなことがあれば、引越し荷物を大幅に減らせるチャンスです。

 

 

■いつかは使う、もしかしたら使う、といったものは捨ててしまう

 

「いつか使うかもしれない」
「もしかして使うかもしれない」

 

こんなことを考えてしまうと、永遠に物は捨てたれなくなってしまいます。

 

そんなものは捨ててしまってください。

 

もちろん、いつか必要になることもあるし、もしかして使うことになるかもしれません。

 

その時は、その時改めて購入すればよいのです。

 

また、悩み始めると物は捨てられなくなります。

 

悩み始める前に即決してください。

 

また、悩んだということは、不必要な可能性が高い、と判断するものおすすめです。

 

 

■リサイクルショップに迷ったものをとりあえず持ち込んでみる

 

・お金になるものは売ってしまうこと

 

処分しようか引っ越しの時に持って行こうか悩んでしまったものは、とりあえずリサイクルショップに持ち込んでみましょう。

 

そこで、お金になる、と判断されたものは売ってしまうのがおすすめです。

 

利用するかしないかわからないものを持って行くよりも、現金化してしまったほうが何倍もお得です。

 

中には、高額で引き取ってもらえる家電商品も実際にありますよ。

 

 

■意外に荷物になる|戴き物の処分について

 

・結婚式の引出物など

 

なかなか捨て難いかもしれません。

 

しかし、コレが思った以上に荷物になるのです。

 

実用品として使えるもので、すぐに使おうと思えるものであれば持って行っても構いません。

 

しかし、すぐに使わない、といったものは気にせず捨てましょう。

 

バザー等に出品してみるのもおすすめですよ。