エアコンの引っ越しで注意しなければいけないこと

エアコンを引っ越しさせる場合には、考えておかなければならないことがあります。

 

それは、

 

エアコンの専門業者に依頼するのか
引越し業者のオプションを利用するか

 

といったことです。

 

自分でエアコンを取り外しは基本的にはできないので、しっかりと対応してもらわなければなりません。

 

こちらではそれぞれの方法について詳しく解説します。

 

 

■エアコン業者に依頼するケース

 

・エアコンだけを移動させたい、といったケースにおすすめ

 

エアコンだけを取り外す、取り付けるといったことであれば引越し業者のオプションよりも低価格で済むメリットが有ります。

 

費用の相場としては、20,000円前後になるので、それほど高い、といった印象はないかもしれません。

 

ちなみに専門業者の中には、超低価格路線なところもあります。

 

たとえば、取り外しと取り付けのセットで、10,000円未満にしているところもあるんですよ。

 

相場は20,000円ですが、その半分程度で請け負ってくれるところもあるのです。

 

ただ、エアコンを引っ越す、といった業務を引き受けてくれるわけではありませんし、遠距離の場合は取り外しのサービスしか受けられないことになります(引越し先で別の業者などに取り付けのサービスをお願いしなければならない。)

 

 

■引越し業者のオプションを利用するケース

 

・やはり20,000円前後の費用は発生してしまう

 

専門業者を利用したとしても、引越し業者のオプションを利用したとしても、価格には大きな変化はありません。

 

ただし、引っ越しをしてくれる点では、引越し業者の利用がおすすめ、といったことも言えるかもしれません。

 

料金的に変わらないのであれば、しっかりと引越し先までエアコンを運んでくれる引越し業者のサービスに注目すべきです。

 

 

・デメリットもある

 

実は、あくまでオプション料金なので、ちょっとした事で追加料金が発生してしまうことがあるのです。

 

専門業者ではないので、エアコンの取り外しと取り付けの単純作業しか想定していません。

 

たとえば、エアコンのホースを延長しなければならないこともありますよね。

 

そんな場合には、別途で追加料金が発生してしまい、20,000円の予定が30,000円や35,000円になってしまう可能性もあるのです。

 

もちろん、工事についても専門業者ではないので不備が出てくるかもしれません。

 

エアコンを斜めに取り付けられてしまって、水漏れなどの被害にあってしまう、といった報告もあります。

 

どちらを利用しても、メリットやデメリットが有るわけです。

 

引越し業者のサービスを利用する場合は、やはりしっかりとした技術を持っているかを事前に確かめておくべきです。