初めての方必見!引っ越しの手順、手続きマニュアル

引っ越しを初めてするときには、右も左もわかりません。

 

どのように準備すればいいのでしょうか。

 

こちらでは、初めての引っ越しをする方に向けて、どのような手順で対処すればいいのかについて解説します。

 

もちろん、前回の引っ越しから時間が経ってしまい、どのような手続きをしたのか思い出せない方も必見です。

 

 

■引っ越しを決めたらすぐに行うべきこと

 

・スケジュールを決定する

 

いつまでに引っ越しするのかを決めます。

 

あまりに直前の設定だと、引っ越し業者が対応できないこともあるので注意しましょう。

 

できれば、2ヶ月から3カ月、遅くても1ヶ月くらいには設定しておかなければなりません。

 

・新居の決定と住まいの退去申告

 

引っ越し先の住まいを確保しなければなりません。

 

不動産サービスなどを活用して、希望の地域の物件を探して決定しましょう。

 

決定前の下見を忘れてはなりません。

 

今住んでいる住まいについては、退去申告します。

 

遅れてしまうと費用を余計に支払わなければならないこともあるので、少しでも早く退去することを告げましょう。

 

・引っ越し業者の決定

 

引っ越し業者を決めなければ引っ越しできません。

 

一括見積サービスで探すのがおすすめです。

 

複数の見積もりが取れれば、引っ越し価格の相場もだいたい把握できます。

 

気になるところがあれば、実際にメールや電話をしてプランなどの説明を求めるのも重要な作業です。

 

 

■引っ越し直前に行うべきこと

 

・荷造りを始める
・不用品の処分をする

 

荷造りを始めると、自然と不用品が見えてきます。

 

不用品については価格がつきそうなものはリサイクルショップなどに売却し、価格がつかなそうなものは粗大ごみとして処分します。

 

荷造りについては、引っ越し会社から段ボールなどが提供されていると思うので、そちらにつめます。

 

引っ越しするまでは、必要なものものあるので、主にオフシーズンのものから詰め込みましょう(服など)。

 

・転出・転居届

 

市区町村で手続きを行います。

 

必要になるものもあるので、事前に一度連絡をして確かめてください。

 

・各種手続き

 

電気・ガス・水道・テレビ関連などの手続きを実施します。

 

新居に関しても手続きが必要になるので実施します。

 

 

■なるべく行っておいた方が良い事

 

・パソコンデータのバックアップ

 

パソコンの運搬を業者してもらうことは可能です。

 

しかし、長時間にわたり振動を受けることになるので、データが破損してしまうかもしれません。

 

仕事関係など、大事なデータが入っているのであれば、バックアップを取っておきましょう。

 

外付けHDDやDVDなどにデータをコピーしておくのです。

 

・近隣へのあいさつ

 

最近はご近所づきあいも希薄になっていますが、特に近場へ引っ越す場合には挨拶をしておくべきです。

 

元のご近所さんとほかの地域でばったり出くわすことだってありますよ。