引っ越しは荷造りが大変!時間と労力がかかるので要注意

引っ越しをする時に注して欲しいのが荷造りです。

 

あまりに早く行っても問題がありますし、遅れてしまっても間に合わなくなってしまうかもしれません。

 

こちらでは、引っ越しと荷造りの関係性について詳しく解説します。

 

 

■荷造りはいつから始めるのか?〜アンケート結果に注目〜

 

・2ヶ月前から・・・15%
・1ヶ月前から・・・32%
・2週間前から・・・26%
・1週間前から・・・20%
・3日前から・・・6%
・前日・・・0%
・前日から・・・1%

 

半分近くが1ヶ月前から荷造りを始めていることが分かります。

 

一方で、3割近い方が、引っ越しの1週間前から荷造りを始めていることも分かるわけです。

 

1週間前からの荷造りの開始は明らかに遅いです。

 

それでは、引っ越し前日や当日まで、荷造りを行っている状態になってしまうかもしれません。

 

もちろん、時間があるのであれば、1週間でもなんとかなるかもしれません。

 

しかし、仕事をしており、夜しか荷造りができない、なんてこともあるわけですよね。

 

そんな方は少しでも早く荷造りを開始すべきです。

 

 

・推奨荷造り開始期間とは?

 

引っ越しから1ヶ月前です。

 

早過ぎるのではないか、なんて思ってしまうかもしれません。

 

しかし、それくらいの期間に始めるのがベストなのです。

 

もちろん、余裕があれば2ヶ月前から始めるのもおすすめです。

 

しかし、早く荷造りを開始してしまうと、間延びしてしまって途中でやめてしまう人もいるのです。

 

そして引っ越し3日くらい前になって焦って、また再開するのです。

 

早すぎてもイケない、といったことは把握しておくべきです。

 

 

■荷造りを開始する時に考えておくべきこと

 

・使っていないものから荷造りを開始すること

 

これから引っ越し期間までに二度と利用しない、といったものもあると思います。

 

たとえば、夏の引っ越しであれば、暖房器具などは利用しませんよね。

 

石油ファンヒーターやハロゲンヒーターから荷造りするのです。もちろん、冬服の荷造りもできますよね。

 

一方で、冬の引っ越しであれば、扇風機の利用もしないと考えられますよね。

 

夏物の衣服についても、使うことはないので荷造りしておくのです。

 

問題なのは、また使うかもしれないものを荷造りしてしまうことです。

 

また引っ張り出してきて使うことになれば、せっかく荷造りしたものが一時的にでも無駄になってしまうのです。

 

引っ越し作業は効率的にしなければなりません。

 

しっかり考えた上で、荷造りを行って下さいね。