一人暮らしの引越|引っ越しって業者に頼んだほうが楽?

一人暮らしで引っ越しをする場合には、それほど多くの荷物はありません。

 

軽トラック程度で、引っ越しができてしまう、なんてこともあるわけです。

 

そんな時は、ざわざわ引越し業者を利用しなくても良いのではないか、と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、一人暮らしで荷物が少ない引っ越しであったとしても、引越し業者に頼むほうが楽であることには違いありません。

 

その理由について詳しく解説します。

 

 

■ダンボールを無償提供してくれる

 

・各業者にもよるが、いくつか提供してくれることもある

 

引越し業者では、いくつかのサイズのダンボールを用意してくれています。

 

それらを10個から20個程度など、無償提供してくれるのです。

 

引っ越しの時にダンボールは大活躍してくれます。

 

荷物が傷ついてしまうことを避けられるわけですが、ひとつのダンボールにまとめて食器を入れたり、書籍を入れたり、衣服を入れたりといったことも出来るのです。

 

同じような荷物をまとめて入れることで、結果的に引っ越しが楽になる、なんてことも十分に考えられるんですよ。

 

そもそも、ダンボールを自分で用意するのは大変ですよね。

 

最近ではスーパーでもあまりよいダンボールが手に入らないこともあるのです。

 

汚れているようなものもあって、持ち帰ってから引っ越しには使えないな、なんてこともあります。

 

また、ホームセンターでダンボールを購入する、なんて方法もないわけではありません。

 

しかし、引越し業者を利用していれば、何箱かは無償提供になるわけです。

 

ホームセンターで購入するのは、それだけでも経済的に大きなマイナス、といっても過言ではありません。

 

 

■荷物の箱詰めや詰め込み、運び出しを手伝ってくれる

 

・一人だけの引っ越しよりも短時間で終了する

 

引っ越しした場合には、その日のうちにその物件に住み始めることになるケースが殆んどだと思います。

 

そんな場合には、すぐに寝られる状態にはしなければなりません。

 

しかし、一人で引越しをした場合には、荷物の運び込みや整理などがなかなか終わりません。

 

一人で引っ越しのすべてをするのは大変なことなのです。

 

しかし、引越し業者に頼めばスタッフの人にある程度は手伝ってもらえます。

 

契約内容にもよりますが、物件の中にまでダンボール等の荷物を一緒に運び込んでくれますよ。

 

一人の作業よりも圧倒的に短時間で終わるので、部屋も片付きやすくなり、あっという間に問題なく新しい物件で普通の生活ができるようになるわけです。