料金を安く!引越しするなら午前中より午後がおススメ

突然ですが、引越しをするときの料金を安くするためにどんな方法があると思いますか?

 

そもそも引越しをするときに、どういった基準や理由で料金が決まっていくのでしょうか?

 

家財量はもちろん、それに伴ったトラックのガソリン代や引越し先の距離、場合によっては高速道路を利用するのでその料金もプラスされます。

 

また、そこに人件費やその他もろもろの料金が加算されていくわけなのですが…

 

引越し=高額な費用がかかる、というイメージがありますよね。

 

では、どうしたら引越し時の料金を少しでも安くすることができるのでしょうか?

 

まず、前述にもあったように家財量に伴って金額がアップするのですから、家財量をできるだけ減らしていく…というのは基本中の基本です。

 

しかしそれ以外にも料金を安くする方法があります。

 

それは、引越し当日の時間帯を選ぶことです。

 

自分が引越しをすることを考えてみてください。

 

みなさんなら、引越しをするなら午前中にしますか、それとも午後にするでしょうか?

 

多くの方は午前中、朝一に引越しを開始して、午後からはゆっくり荷解きをして…という予定を組むのではないでしょうか。

 

…このように、引越しをするなら午前中に行うという方が多いため、午後からの引越しを申し込むと見積もり料金を下げてくれやすくなります。

 

これは、繁忙期・閑散期に行う引越しに大きな料金差が出てくるのと同じことで、需要の高い午前よりも午後に引越しをするということで料金を安くしてもらうという方法です。

 

もちろん引越し業者にとっても午後からでOKというのはとても嬉しいもの。

 

ただ、そのぶん午後となると注意しておかなければならないこともあります。

 

たとえば、午前中に行われた引越しが思った以上に押してしまった…ということも考えられますし、引越し先でなんらかのトラブルが起こってしまったということも考えられます。

 

ですから万が一引越しの開始予定時間がずれこんでしまって夜中にまでさしかかってしまう…ということになっても、引越しを行わなくてはなりません。

 

また、午前中からの引越しでスタッフの疲労なども考えると、トラブルが起きやすくなっている…とも受け取ることができます。

 

もちろん時間帯はあまり関係ないとは思いますが、細かなことまで考えるのならば無きにしも非ずです。

 

これらのポイントに注意すれば、できるだけ引越しの費用を安くすませたい…と考えている方にとっては非常におススメの方法。

 

訪問見積もりの際にもこのことを伝えて、時間はいつでも良いのでできるだけ料金を下げてほしい!と頼んでみてはいかがでしょうか。