繁忙期シーズンに避けたい引越し…それってナゼ?

たくさんの人が巣立っていく、春。

 

3月や4月というと出会いと別れが繰り返されていき、自分自身も一人暮らしを始めたり、なにかと慌ただしくなる季節ですよね。

 

この季節、これから先の人生に胸を膨らませるという方が多いと思いますが…

 

そこにつきものなのが、引越しです。

 

進学を機に都会へ出ていくという人、就職を機に実家を出て一人暮らしするという人、単身赴任が決まってひとりで地方へ赴く人…

 

どんな人にも共通するのが「引越しをする」ということなのですが、この3月・4月の春先にはできるだけ避けておきたいのが引越しなんです。

 

予想はできると思いますが引越しのシーズン、つまりもっとも引越し業界が忙しくなる繁忙期というのが、この3月から4月にかけてなんです。

 

週末や祝日はもちろん、平日においても春休みの学生さんたちの引越しでてんやわんや。

 

非常にごった返してしまうというわけなんです。

 

ですから、引越し業者としては書き入れ時な一方で、その料金を値上げしても仕事が入ってくるという状態。

 

繁忙期シーズンは通常の料金よりもかなり割高になってしまうというのが現実なのです。

 

 

繁忙期シーズンに引越しを避けておきたい理由として、もうひとつ。

 

繁忙期といえばやはり引越し業者にとっては非常に忙しい時期となってしまいます。

 

特に肉体労働である引越しについてですが、毎日毎日引越しを行っていくとどうしてもスタッフさんの体力に限界がきてしまうものですよね。

 

ですから、この時期だけは臨時のアルバイトスタッフを雇っているという引越し業者が多く、引越しに関してはまったくの素人という人がいる場合も。

 

もちろん、そういった人はベテランのスタッフとチームを組んで出動するのが一般的なのですが、
それでもいざ現場について作業が始まるとなかなかうまく機能しない場合も。

 

どれだけ体力や力に自信があったとしても、とても重たい家具や家電を持ち上げるのにはコツがありますので、それを知っておかない限りは壁や床に傷がついたり…ということも考えられます。

 

ですから、やはり繁忙期シーズンは料金のことについても、引越しをしてくれるスタッフのことに関してもできれば避けておきたいものです。

 

特に、繁忙期シーズンと閑散期シーズンの引越し料金については、驚くほどの違いが出てくることも少なくありません。

 

できるだけ引越し料金を安く済ませたい…と考えているならば、やはりこのシーズンは避けておいた方が無難です。

 

逆に、引越し業界の閑散期と言えば6月ごろ。

 

新生活が落ち着いてきて、新たに引越しをするという人が少なくなった時期ですので、ここを狙うと良いでしょう。