週末より平日の方が引越し料金は安くなるのはナゼ?

引越しを考えている人…いつ引越しをするかは具体的に決めているでしょうか?

 

引越しにかかる料金って、具体的にどれくらいだということを知っていますか?

 

多くの方は一生のうちで10回も20回も引越しをする経験はないと思いますが、それもあってなかなか引越しの相場というと「これくらい」と具体的に言えないものですよね。

 

だからといって、具体的な費用もわからないまま引越しを業者に依頼したくありませんよね。

 

引越しをするにあたっては、まず見積もりを出してもらうというのが最初です。

 

直接スタッフさんに家に来てもらって、具体的にどれくらいの量の家財があるかをチェックしてもらい、手配するトラックの大きさや家財量、何人くらいのスタッフを動員するかによって見積もりを出します。

 

このときに直接金額を提示されるのですが、ここでできれば値引き交渉をしていきたいものです。

 

引越しには値引き!?と思うかもしれませんが、実は一般的なもの。

 

特に、複数の業者に見積もりを依頼している…というときには、業者側がこちらで即決してほしいということから値下げした料金を提示してくれることが多いようです。

 

それでもまだ料金を値下げできるかもしれないというポイントがあるのですが、それは「平日」に引越しを行うことです。

 

繁忙期であっても閑散期であっても、一般的には引越しは週末、土日祝日に集中すると言われています。

 

引越しは立ち合いが必須ですから、やはり学校や職場が休みとなっている週末や土日祝日に集中するということなんですね。
つまり、逆を言えば平日の方があまり引越しの予定が入っていないということになります。

 

ですから、引越しを平日に行う、また時間についても業者のおまかせでOKという場合には、より料金を下げてくれる可能性が大です。

 

平日に引越しを行うメリットとしては、引越しの料金が安くなるというだけではありません。

 

引越しをするときに欠かせないのが、ライフラインの移転。

 

それだけでなく、役所やあちこちに電話をかけたり直接訪れたりする必要があることも少なくないでしょう。

 

役所は土日祝日は閉館していますから、そういった用事があるときには一気に済ませることができるのでとても便利。

 

何日もかけてあれこれと引越しや用事を行うよりも、いっそ平日に引越しを行うことによって料金も安くすることができますし、必要なことも行うことができます。

 

このように、訪問見積もりの際に値下げ交渉を行うポイントにもなりますので、覚えておいて損はありませんね。