引越し見積もりを少しでも安くするコツを教えて!

どんな方でも、何かを購入するときやサービスを利用するときには「少しでも安くなったら良いな…」と思うものですよね。

 

特に、お金がかかるものとわかっているものなら、少しでも安くなるととても助かるもの。

 

たとえば、引越しですね。

 

引越しというと、数千円でできるものではありません。

 

もちろん移動距離や運ぶ家財量など、いろいろなもので費用が大きく変わってくるものですよね。

 

引越し料金というのは、どういった基準で決められているか知っているでしょうか?また、どういったポイントで変動するのでしょうか。

 

引越しといえば、やはり進学・就職シーズンがもっとも忙しい、いわゆる繁忙期となります。

 

だいたい3月・4月ごろがもっとも繁忙期となるため、この時期に引越しをしようとするとたいてい費用が割高になってしまいます。

 

それだけどの引越し業者も引越しが立て込んでいるため、割高にしなくてはあれもこれもとできないからです。

 

つまり、この繁忙期を避ければある程度費用を抑えられることができます。

 

次に、平日に引越しを行うか、休日に行うかと言うことです。

 

繁忙期・閑散期はもちろんですが、やはり普段の生活があるために引越しは休日に集中しやすいものです。

 

ですから、平日に引越しを行うことでこちらもまた費用を抑えやすくなるということが言えますね。

 

そして、もっとも大きく費用を安くするためには「複数の業者に見積もりを依頼する」ということです。

 

ひとつの業者では提示された料金が安いのか高いのかもわかりませんし、見積もり金額を安くしてもらう交渉もちょっとしづらいですよね。

 

しかし、複数の業者に見積もりを依頼しておけば、業者同士で値下げ合戦となっていくこともあるので、やっておく価値はあります。

 

「A社ではこれだけ安く提示された…」ということを他の引越し業者に伝えれば、うちで引越しをしてください!となるために見積もり金額を安くしてくれることも少なくありません。

 

 

そして、直接的な値引き方法としては、コストをカットすることです。

 

引越し料金ですが、これは基準が法律で決められています。

 

法律にのっとって割り出される基本的な運賃、そして、移動することで高速道路代やトラックのガソリン代や人件費などがかかってきますので、これをもとに計算します。

 

その上で、段ボールや梱包資材といったサービスにかかる料金が上乗せされていくのですが、この段ボールなどのコストをカットすることを条件に、見積もりを安くしてもらいましょう。

 

知り合いからもらえるということや、スーパーなどで段ボールを確保できるという場合には、業者からプレゼントされるこの段ボールを断ってみては。

 

微々たるものではあったとしても、やはり多少は見積もりを安くしてくれるでしょう。