引越し業者とのトラブルがあったときは?防ぐには?

街中でよく見かける引越し風景。

 

ブルーシートなどで床や壁を傷つけないように保護し、引越し業者さんのトラックから次々と荷物が運び出されていきますよね。

 

てきぱきと引越し作業をしていくスタッフさんたちですが、中にはトラブルが起こってしまうということも少なくないんだとか。

 

スムーズに引越しを終えて、新しい気持ちで新生活をスタートさせたい!と思う方が多いと思いますが、そうでなくても引越し業者とのトラブルはできるだけ避けたいものですよね。

 

では、引越し業者とのトラブルとはいったいどんなことがあるのでしょうか?

 

また引越し業者と万が一トラブルが起こってしまった場合、どのようにして解決していけば良いのでしょうか?

 

 

まず、引越し業者とのトラブルでよくあるのが、家財の紛失・破損です。

 

引越しをしているうちになくなってしまったり、引越し先で荷解きをしてみたら壊れていた…ということ。

 

やはりトラックに乗せて運搬していくのですから、壊れてしまうということは無きにしも非ず。

 

しかし、ある程度は仕方のないことだとはわかっていても、やはり自分の大切な家財道具を傷つけられたら良い気分ではありませんよね。

 

そういったトラブルが万が一起こってしまったときのために、引越しをする際には保険に入ることをおススメします。

 

引越し業者それぞれで見積もりの際に保証してくれるものももちろんあるのですが、保証外のものが破損してしまうということも考えられますよね。

 

ですから、そういったときのためにとても高価なものや大切な家財がある場合には「引越荷物運送保険」に入っておくと良いでしょう。

 

 

そして、万が一トラブルが起こったとしても迅速に解決できるようにするポイントが。

 

それは、家財道具を運び終えたら引越し業者がまだいる間にできるだけチェックをするということです。

 

業者さんが帰ってしまったあと、またしばらく経ってから段ボールをあけたときに破損していた…ということになると、やはりどういった状況だったのかなどがわかりづらくなってしまいます。

 

もちろん、引越し時にはとても大変だとは思いますが、万が一!を考えてできるだけ早く荷物のチェックを行いましょう。

 

荷物の破損ともうひとつ、新居・旧居の壁や床などもしっかりチェックしておきましょう。

 

引越し業者の多くは、壁や床などを傷つけないようにシートを張るといういわゆる養生を行うのですが、それでもどこかしらに傷がついてしまった…ということも。

 

こちらも壁や床の修繕となると、高額な費用がかかってくる場合が多いので、できるだけ早めにチェックをしておきたいところ。

 

トラブルなく引越しを終えられるようにしたいものですが、万が一に備えてチェックを怠らないようにしておきましょう。