バタバタする引越しの有効的な時間の使い方って?

引越しをするときというと、進学や転勤、一人暮らしを始めるときや結婚など、何らかの転機が訪れたときですよね。

 

そういったときと言えば、どうしても準備などでバタバタと忙しく、時間がない!という状態。

 

必要なものを買いに行ったり、引越しのために電気やガスなどの手続きもろもろ、あちこち駆けずり回っている状態ではないでしょうか。

 

しかし、引越しをするにもやはり荷物をきちんとまとめていないといけませんし、非常に大変なもの。

 

時間がなくてもしっかりと引越しの準備をしておかなくてはなりません。

 

そういったときに、引越しの有効的な時間の使い方ができると良いと思いませんか?

 

 

まず、引越し作業に取り掛かる前にやっておきたいこと。

 

ズバリ、荷物を減らすということです。

 

引越しをするときの荷物が多ければ多いほど、運ぶ時間がかかる、料金も高くなる、荷造りが大変な上に荷解きも大変…

 

確かにたくさん大切なものがあると思いますが、やはり引越しをするときにはできるだけ身軽でいたいもの。

 

荷物の量が少なければ梱包する時間もかかりませんし、非常に引越しがスムーズになると言えます。

 

荷物を減らしたい…ということであれば、リサイクルショップを利用するのも良いでしょう。

 

リサイクルショップの多くは出張買取を無料で行ってくれますし、非常に幅広い種類の不用品を買い取ってくれます。

 

自分で店舗に持ち込むという手間も時間もかかりませんし、さらに部屋がスッキリと片付く上、お金にもなる…まさに、一石三鳥だということなんですね。

 

引越しは自分にとっての転機!と考えて、できるだけ物を売ってスッキリとした新生活を送ることができるように工夫してみては。

 

 

また、引越し業者のホームページなどを見てみると、「引越し前にやっておきたいこと」などのリストが掲載されていたり、日程表がカレンダーとなって掲載されています。

 

こういったものを利用してスケジュール通りに行動をしていくと、自分では見落としていたということも忘れずに行うことができます。

 

引越し前後には近所へのあいさつ、ライフラインを移転させる手続き、荷造り・荷解き、粗大ゴミの引き取り予約などやることがたくさん。

 

少しでも時間を有効に使うことができると、スムーズな引越しをすることができそうですね。