引っ越しのきっかけ例〜進学時の注意点について〜

初めての引っ越しとして利用されやすいのが、進学時があります。

 

自分の住んでいる地域以外の大学へ入学した時に、引っ越しをするケースが非常に多いですよ。

 

学生の引っ越しには、学生の引っ越しならではの気をつけるべきことがあります。

 

詳しく解説します。

 

大学への入学が決定しており、一人暮らしを計画している学生は必見ですよ。

 

 

■引っ越し先の決定方法

 

・学校への距離

 

・賃料

 

以上の2つがメインで考えなければいけないことです。

 

学業が優先なので、まずは学校から近いことです。

 

大学の場合は、近くに学生が利用する賃貸がたくさんあります。

 

それらを利用すれば、徒歩で通うことも十分に可能ですし、自転車通学も十分にできます。

 

もう一つ重要なのが賃料です。基本的に両親から仕送りしてもらうことになるでしょう。

 

しかし、仕送りも限度があります。その予算内で良い物件を探す必要があるのです。

 

インターネットで物件を探す方法もオススメですし、学校近辺の不動産屋で探すのもお勧めです。

 

いくつかの候補を確認して、どこにしようか決めるのもお勧めですよ。

 

 

■家具や家電の購入予定もたてておくべき

 

・すぐに普通の生活ができるようにしておこう

 

家具や家電が部屋にないと、一般的な生活が送れません。

 

特に家電については重要です。どこで出に入れるかは事前に決めておくと良いかもしれません。

 

リサイクルショップで買う方法もありますし、学生が多い土地柄であれば卒業する先輩のお下がりを貰える場合もあります。

 

その辺りは情報を集めておきましょう。

 

新品でなければ嫌だと思っている学生も多いかもしれません。新品の場合は、大手の家電量販店がお買い得です。

 

値下げ交渉に応じてくれることもありますよ。

 

学生で初めての一人暮らしを行う、といったことを伝えると値引きに応じてくれる確率が高まる、といった話を聞いたことがあります。

 

 

■引越し料金にこだわる場合はプランに注目

 

・学割プランとは

 

引越し業者には様々なプランが実際にあります。

 

その中の一つに、「学割プラン」があります。学生の場合は、通常料金よりも10%OFFにしてくれる、といった場合もあるのです。

 

40,000円の料金であれば、4,000円のオフになることもあるので見逃せません。

 

ちなみに学生の一人暮らしの引越しにかかる費用ですが、30,000円を切ることもあります。

 

23,000円で引っ越しができた方もおり、かなり安価です。

 

ただ、引っ越し距離によっては、40,000円や50,000円を超えてくる例もあるので注意してください。