引っ越しのきっかけ例〜マイホーム購入時の注意点〜

引っ越しのきっかけとして多いのがマイホームの購入です。

 

自分の城を購入することで引っ越すわけですが、様々な問題点もあります。

 

こちらではマイホームへの引っ越しに関するリスクを少しでも減らす方法について詳しく解説しますね。

 

 

■挨拶を必ず行っておくこと

 

・いま住んでいるご近所さん

 

・引越し先のご近所さん

 

挨拶は2つの地域で実施しておくべきです。

 

この手間を省いてしまうと、のちのちトラブルが発生してしまうかもしれません。

 

実際に、挨拶がなかったとのことで、ご近所トラブルに発展してしまうケースが少なくないのです。

 

・相手が不在の場合はどうすれば良いのか?

 

基本は手渡しになります。しかし、どうしても不在の方も少なくありません。

 

その場合は、挨拶状と粗品をポストに入れておくのも問題無いです。

 

ですから、粗品に関してはポストに入るくらいの大きさのものが適切です。

 

引っ越しの粗品選びの参考にしてください。

 

・引越し時の騒音についても伝えておく

 

日時などを伝えておくべきです。

 

引っ越しの時は、どうしても音が出てしまいます。

 

何も理由が分からない時の騒音は嫌なものです。

 

一方で理由が分かっていると、それほど嫌な気持ちにはなりません。

 

「引越し作業を◯月◯日、◯時から◯時まで行うのでご迷惑をかけるかもしれませんが、よろしくお願いします。」と一声かけておくのが適切です。

 

 

■引越し業者選びをシビアに行うこと

 

・マイホームへの引越しは料金が高くなりがち

 

家族が最低でも3人、さらに4人や5人といった場合もあります。

 

荷物も多くなってしまい、引っ越し料金もどうしても高くなってしまうのです。

 

だからこそ、引っ越し業者選びには気をつけなければなりません。

 

引越し業者選びに関しては、一括見積もりサービスの利用が基本的にオススメです。

 

複数の業者から一度に見積もりが取れる、といったメリットが有るのです。

 

一度の手間で複数の見積もりが取れるわけですから、利用しないのはもったいないです。

 

 

■不必要な荷物は処分すること

 

荷物がたくさんあると、どうしてもお金がかかってしまいます。

 

引越し代金は荷物の量に比例するのです。

 

安く済ませたいと思うのであれば、ダンボール一箱でも荷物を減らせるように努力してください。

 

・いらないものはリサイクルショップに売ること

 

リサイクルショップでは、価格がつかないものに関しても無料で引き取ってくれるケースが有ります。

 

思ったよりも使い勝手が良いので利用しないのは損ですよ。