海外への引っ越し〜輸出・輸入通関の代行について〜

海外への引っ越しで注意したいことについてお話します。

 

それは輸出や輸入通関についてです。基本的に代行してもらうことになります。

 

スムーズな海外引越しには欠かせないことを解説するので、初めての海外引越しを計画している方は必見です。

 

 

■輸入通関の流れを解説

 

・海外から日本に帰ってくるときの荷物の移動について

 

簡単に述べてしまえば、外国の貨物を国内に引き取るまでの行為のことを指しています。

 

海外から引っ越しの荷物を、航空機や船に積み込み国内まで配送、そして受け取る、といった流れになります。

 

・外国での手続きと国内での手続き

 

外国では放送や引取、さらに輸出通関、そして船や飛行機に積み込みます。

 

ここまでが外国での手続きになります。

 

国内での手続きに関しては、船や飛行機から荷物をおろし、搬入確認・搬入申告と続きます。

 

さらに関税などの納付や輸出許可をして、搬出手続きが行われ配達されるわけです。

 

 

■輸出通関の流れを解説

 

・引越し荷物を国内から海外への荷物の移動について

 

国内から海外に引っ越しをする時の流れになります。

 

該外に荷物をおくることになるので、一定の手続きが必要になります。

 

・国内の手続きと海外の手続き

 

国内で荷物の集荷を依頼し、半有運送を実行します。

 

法令手続きを実行し、輸出通関を通します。

 

輸出許可が出たら、船や飛行機での運送するのです。

 

外国での搬入を確認しそちらでの輸入申告を実施します許可してもらったら納税をして、目的地に配達が実施されます。これらを代行してくれるのです。

 

 

■海外への引っ越しのケースにおける輸出・輸入通関の代行の費用とは?

 

・地域によってかなりの差がある

 

アジア内であったとしても、価格にはかなり野さがあります。

 

近場の場合は、安いこともありますが、アジアと言っても非常に広いです。

 

直行便があるかないかの違いもあります。

 

・基本的には10万円から20万円前後はかかる

 

30万円以上かかってしまうことは基本的にないと言われています。

 

しかし、業者によってお金額には差が出てくるので十分に注意してください。

 

 

■見積もりサービスを利用して業者を選ぶこと

 

海外への引っ越しを行っている業者もいくつかあります。

 

それらの業者に対して、見積もりサービスの依頼をすべきです。

 

3社から4社程度は見積もりを行ってください。そして価格比較を実行するのです。

 

安ければ良いとは言い切れませんが、安いほうが利用しやすいのは確かですよね。