引越し後すぐに用意しておきたい防災グッズ○点セット

日本は特に様々な災害があります。

 

地震や津波、そして台風など様々な物があるのです。

 

だからこそ、もしもの時を考えて色々と用意しておかなければなりません。

 

今回は一人暮らしを計画している方に向けて、引越し後にすぐにでも用意しておきたい防犯グッズを幾つか紹介します。

 

これから一人暮らしをする予定がある、という方は必見です。

 

 

■当たり前!飲料水の準備はしておこう

 

・災害にあった時に最も大切なのが水

 

水がなければ行きてはいけません。

 

ペットボトルのミネラルウォーターは、しっかりと保管しておけばそれなりに日持ちします。

 

いつも少し多めにストックしておく、といった事を心がけてください。

 

ちなみに、ウォーターサーバーを利用する、といった方法もあります。

 

ウォーターサーバーのボトルは12リットル入りであったり8リットル入りであったりと、かなり大きなサイズが多いのです。

 

どれくらいの量の水を確保しておくべきなのか、といったことも考えなければなりません。

 

基本的に向こう3日は生活できるような準備をしておくべき、と言われています。

 

すぐに救援物資が届けばいいのですが、即日で対応できない場合もあるわけです。

 

人間は1日あたり2リットルほどの水を飲む、としています。

 

ですから、3日分なので6リットル程度はストックをしておくべきです。

 

 

■非常食の用意も忘れないで

 

・レトルト食品
・インスタント食品
・クラッカー
・缶詰

 

災害にあってしまうと、電気も止まってしまいます。

 

そういった状況になってしまっては、冷蔵庫に入っているような生物は何の意味もなくなります。

 

すぐに劣化して食べられなくなってしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのが、レトルト食品やインスタント食品、さらにクラッカーといった日持ちをするタイプの食品です。

 

生物でもないので、災害にあったとしてもそれらの食品は急には劣化しません。

 

安心して食べられるわけです。

 

非常食に関しても3日分から1週間分くらいは用意しておきましょう。

 

ちなみに、定期的に非常食はチェックしておかないと、賞味期限が切れているかもしれません。

 

せっかくの非常食が必要な時に役立たない、といった状態になりかねないのです。

 

 

■停電した時に役立つアイテムを用意しよう

 

・懐中電灯
・携帯ラジオ

 

大きな災害が来てしまうと、基本的に停電をしてしまうので懐中電灯は用意しなければなりません。

 

夜に大地震がきてしまえば、家の中で足元がまったく見えない、といった状態になりかねないのです。

 

さらに携帯ラジオに関しても、現在の状況を確認するために必須です。

 

避難所などの紹介がされる場合もあるので、電池式の携帯ラジオは用意しておきましょう。

 

ちなみに発電タイプのラジオの利用もおすすめです。

 

懐中電灯や携帯ラジオに関しては、電池がなければ動かないわけです。

 

電池に関しても事前に幾つかストックしておくような状態にして下さい。

 

 

・ろうそくやマッチは必要か?

 

必要ない、とは言い切れません。

 

しかし、安全性といった面で問題が発生してしまうことがあるのです。

 

災害後に火災が起きてしまうこともあるのですが、火の不始末が関わっています。

 

ろうそくやマッチを用意しておくこと自体は悪いことではありませんが、使い方には十分に注意しましょう。

 

 

■医薬品の準備も忘れないように

 

・普段利用している医薬品
・絆創膏
・消毒液
・ガーゼ
・ピンセット
・胃腸薬など

 

災害にあってしまうと、近くの病院にも通えなくなってしまいます。

 

医療機関自体も被災してしまうかもしれません。

 

普段利用している医薬品に関しては、なるべく持ち運びやすいところに常駐しておきましょう。

 

また、地震など災害が起こった時にはちょっとした怪我もしてしまいます。

 

すぐに処置できるように、絆創膏や消毒液。

 

さらにピンセットからガーゼといったものも用意しておきましょう。

 

お腹の調子を壊してしまう方も多いので、胃腸薬を用意しておく、といったことも大事です。

 

 

■衣類も持ち出しやすいように準備しておこう

 

・防寒具
・下着類
・靴下
・軍手など

 

災害が起こってしまった季節にもよりますが、寒い季節には防寒具が必須です。

 

ダウンジャケットなど持ち出しやすい場所に用意しておきましょう。

 

また、家の外に何日間もいる状態になるかもしれません。

 

下着の準備も数日分はしておくべきです。

 

軍手に関しては怪我の防止にも役立ちます。

 

仮に素手で避難していたりすると、手をけがしてしまうかもしれません。

 

そこからバイキンなどが入って破傷風になってしまう、といったこともありえるのです。

 

軍手は忘れがちなアイテムなので、防災袋の中に入れておきましょう。

 

 

■避難所で必要になると思われるものも準備

 

・耳栓
・安眠マスク
・携帯枕など

 

避難所では多くの方が一緒に生活することになります。

 

日常的な生活を送れなくなってしまいます。

 

ちょっとした生活音が気になってしまう、といったことも多いわけです。

 

耳栓や安眠マスクの用意はして下さい。