引越してくると必ずくるNHK集金・・。アレって払う必要があるの?

引っ越すと一人暮らしであったとしてもNHKの集金がやってきてしまいます。

 

それなりの金額になるので、負担になりますよね。

 

絶対に払わなければならないのか、といった事を考えている方も多いかもしれません。

 

こちらではNHKの集金と支払の義務について徹底解説します。

 

どういった場合は支払わなくてはならないのか。

 

どういった場合は支払わなくていいのか、といった事をチェックしていきます。

 

 

■TVを持っていない場合はNHKの受信料を支払う必要はあるのか?

 

・支払う必要はない

 

NHKを見られる状態ではない、といったことが証明できる場合には、支払う必要はない、ということになります。

 

最近では若い方を中心として、テレビを見ない、といった方が増えてきているのです。

 

ですから、NHK受信料を支払わなくても良い、といった方が少なくありません。

 

ただし、注意して欲しいのがいわゆるテレビの受信機を持っていない、ということが必要になってくるのです。

 

たとえば、ワンセグ機能付きの携帯電話やワンセグ付きのタブレットを持っている場合には、テレビの受信機を持っている、とされてしまいます。

 

そのケースに関しては、NHKの受信料を支払わなければならない、といった事を考えて対応しなければなりません。

 

ちなみに、カーナビ・テレビも受信機に相当します。

 

チューナー付きカーナビを利用している、という方はNHKを見ているといったことになってしまうので、支払い義務が生じてしまうのです。

 

 

・テレビを持っていても一切テレビを見ていない場合もNHK受信料は支払うことに

 

実はテレビ機器の試聴の有無はこの際は関係ない、と考えられています。

 

要は、受信機を持っているのか、それとも持っていないのか、といったことが重要になってくるわけです。

 

NHKの受信料を絶対に払いたくない、と考えている方は、テレビを受信できる機器自体を持っていない状態にしなければなりません。

 

また、元々受信機であったとしても受信できないような状態にする、といったことが必要になってくるわけです。

 

 

■テレビは持っているけどNHK以外の民法だけを見ている場合は受信料を支払うのか?

 

・NHK受信料を支払うことに

 

テレビを持っていたとしても、NHK受信料を支払うのが嫌で番組は一切見ない、という方もいるかもしれません。

 

確かに、民法だけ見ている、という方も多いでしょう。

 

しかし、テレビの受信機を持っている、ということ自体がNHK受信料を支払う規定に抵触してくるのです。

 

NHK受信料ですが、NHKを見ている、見ていないは一切関係ありません。

 

見ていようが見ていないような状態であったとしても、NHKの受信料を支払わなければならないのです。

 

中には、リモコンの1の部分と3の部分を加工して見られないようにしている方もいるかもしれません。

 

そういったことをしたとしても受信料を支払わなければならい、とされているので注意する必要があります、

 

 

■テレビはないが、パソコンでテレビを見ているケースは受信料を支払うのか?

 

・受信料を支払わなければならない

 

最近ではパソコンにチューナーが付いており、テレビが見られる、といった状態になっていることも珍しくなくなりました。

 

そのようなパソコンを利用してテレビを見ている方で、テレビは持っていない、というケースはNHK受信料に関してはどのような取り決めになっているのでしょうか。

 

実は、NHK受信料は支払わなければなりません。

 

要は、パソコンであろうとテレビを受信できる状態になっているです。

 

ですから、支払い義務がある、ということになっているわけです。

 

そもそも、パソコンでテレビを見ている時点でアウトです。

 

どうしてもNHK受信料を支払いたくないのであれば、パソコンでテレビを見られるような状態にはしないで下さい。

 

徹底した対策をして、初めてNHKの受信料を支払わないで済むようになるのです。

 

 

■NHK受信料を支払う必要が無いケースを調べてみた

 

・TVアンテナがない

 

一軒家の場合はアンテナを自分の判断で取り外せます。

 

テレビを見ない、と決意しているのであればアンテナを取り外したとしても大きな問題には発展しないでしょう。

 

TVアンテナに関しては、家の外からでも確認できます。

 

もしも集金の方が来たとしても、TVアンテナがない、ということが分かれば、引き下がってくれるわけです。

 

ただ、集合住宅の場合にはTVアンテナを自己判断で取り外せるようには出来ません。

 

室内にテレビなどの受信できる機器を置いておかない、といったことがその場合には必要になってくるわけです。

 

 

・受信機が壊れている場合

 

テレビの受信機ですが、壊れている、といったケースもあるでしょう。

 

たとえばテレビが壊れていて包装を受信できない、といったことも考えられます。

 

しかし、ビデオなどを見る場合には利用できるので家においている、といったこともあるわけです。

 

受信機が壊れている場合には、テレビが見られません。

 

ですから、NHK受信料を受信料は支払わなくても良い、とされているわけです。