単身引越しのコツ〜少しでも早く準備は済ませておこう〜

単身引っ越しを成功させる秘訣は。

 

準備早く始めることです。

 

引っ越しの直前になってしまうと、いろいろと問題がおこってくるのです。

 

こちらでは、単身引越しのスケジュールはどのように立てればいいのかについて詳しくお話します。

 

実際に、引っ越しする予定がある方は必見です。

 

 

■単身引越しの2ヶ月から3ヶ月前に実施すべきこと

 

・引越し業者を選ぶ

 

早いと感じるかもしれませんが、直前だと業者が見つからないこともあります。

 

さらに、予約が埋まっており、キャンセル待ちになってしまうかもしれません。

 

2ヶ月から3ヶ月前には、業者の決定をしておくべきなのです。

 

ちなみに、単身引越しで失敗しがちなのが日程の失敗です。

 

週末と平日では、単身引越しであったとしても数千円から10,000円ほど価格に差が出てくるケースもあります。

 

直前の予約になってしまうと、高額な週末しか空いていないこともあります。

 

引っ越し業者決定が遅れるだけで損をしてしまうかもしれません。

 

・引っ越し業者を選ぶコツ

 

インターネットを最大限活用してください。

 

実際に業者へ行って話を聞くことも出来ますが、時間的に厳しい場合もあると思います。

 

最低限の情報集めはネットを活用すべきです。

 

 

■単身引越しの1ヶ月前に実施すべきこと

 

・ライフラインの手続きを実施しよう

 

電気や水道、さらにガスの手続きが必要になります。

 

引っ越し直前になってしまうと、住んでいないのに料金を支払わなければならないかもしれません。

 

引越し先についても、ライフラインの手続きは行っておくべきです。

 

遅れると、住み始めているのにガスが来ていない、なんて事にもなりかねません。

 

・引越し業者を確実に決めておくこと

 

見積もりもこの時期には終えて契約しておく必要があります。

 

これより後の契約になると、業者の選択肢も圧倒的に狭くなり、不満の残る引っ越しになりかねません。

 

 

■単身引越しの2週間から3週間前にすべきこと

 

・転出届

 

・国民健康保険

 

役所へ行って各種の手続きを実施します。

 

引越し作業が遅れていると、各種手続きにも遅れが出てしまうかもしれません。

 

その点は十分に気をつけてくださいね。

 

 

■単身引越しの1週間前にすべきこと

 

・掃除

 

・あいさつ回り

 

・荷物の準備

 

1週間ともなると、引っ越しは目前です。

 

住んでいた部屋を綺麗にします。

 

汚いままだと敷金がほとんど戻ってこないかもしれません。

 

また、近隣の方へのあいさつ回りも行いましょう。

 

引っ越し作業で、少しばかり騒音が出てしまうかもしれません。

 

荷物は単身引越しなので少ないでしょう。

 

自身で荷物を箱詰めしてください。

 

引越し料金のカットにもつながります。