要チェック!引越しで運び出し忘れやすいモノとは?

引越し時ですが、意外と運び忘れてしまうものが幾つもあるのです。

 

そのまま残しておくと問題になってしまうこともあります。

 

さらに持って行ったほうがお得になる、といったことも少なくありません。

 

こちらでは引越し時に持ち運び出しやすいものを紹介していきます。

 

また、中には取り外しにくいものもあるので、取り外す方法についても解説させてもらいますね。

 

 

■引っ越しで持ち運びやすいものとは

 

・物干し竿
・押し入れの天袋の荷物
・天井の照明
・自転車
・外に取り付けたTVアンテナ
・カーテン
・トイレの棚の中の荷物
・物置の荷物
・ウォシュレット

 

【多くの方が持ち運び忘れている物干し竿】
物干し竿に関してはベランダと一体化している印象もあるのか、どうしても多くの方が持ち運び忘れている状態となっているのです。

 

引越し業者の指摘で持ち運びすることに気づいて大慌てになる、といった事例も多く出てきています

 

そもそも、物干し竿は家の備品だと勘違いしている方が圧倒的に多いのです。

 

実は、他の忘れがちなものの中にも、家の備品だと勘違いされやすいものが幾つもあります。

 

事前にその荷物が備品であるのか、それとも備品ではないのか、といったことは確かめておかなければなりません。

 

 

【天井の照明(蛍光灯など)について】

 

照明に関してはかなり気づきにくいです。

 

実は仕方がない、とも言えるわけです。

 

そもそも、引っ越しする日まで証明は使うケースが多いわけです。

 

引っ越しの当日になって取り外して持っていく、といった傾向が強いので、どうしてもそのまま家に設置して出て行ってしまいます。

 

また、照明は高い位置にあるので、どうしても気づきにくいのです。

 

運ばなければならない、といった事を把握していたとしても、目が届かずにそのまま家を出てしまう、といったことが多くなっているので十分に注意して下さい。

 

 

【押し入れの天袋の荷物について】

 

照明と同じく目のつき難い場所にあるので荷物が発見しにくい、といった状態になりかねません。

 

中には、引っ越しの当日になって押し入れの天袋の荷物があることに気づいて慌ててしまう、といったケースも多く報告されているので注意しなければなりません。

 

 

【屋外にある荷物も気づきにくい】

 

自転車やTVアンテナ、そして物置の荷物に関しては家の外にあります。

 

家の中の荷物に関しては、しっかりと確認していたとしても家の外の荷物に関しては確認していなかった、といった事例が多くなっているのです。

 

当日になっては遅いので、引っ越しの数日前にTVアンテナや自転車、さらに物置の荷物も確認して下さい。

 

特に集合住宅に住んでいる方は、駐輪場に停まっている自転車を忘れてしまうケースが多いのです。

 

駐輪場に置きっぱなしにしてしまうと、のちのち問題になってしまうかもしれないので、駐輪場の確認も必ず実施して下さい。

 

 

■引越前に運び忘れがないかを重点的チェックする場所

 

・家の外

 

家の外にはいくつかの荷物があるケースも少なく有りません。

 

自転車や物置なども必ず確認しておくべきです。

 

エアコンを持って行く場合には、室外機の取り外しも忘れないで下さい。

 

 

・家の高い部分にあるもの

 

前述した照明や押し入れの天袋の荷物はもちろんですが、トイレの棚などにも荷物が置きっぱなしになっているケースが極めて多くなっているのです。

 

家の高い部分にあるものから荷物が残っていないかを確認しましょう。

 

 

・引越し当日まで使っている可能性のあるもの

 

照明であったり、トイレであったり、カーテンであったり、といったものが引っ越しの当日まで利用しているものです。

 

当日まで利用しているものは、当日までは取り外しが出来ません。

 

その結果、そのままの状態で引っ越す、といったことになってしまうのです。

 

引越し当日まで使っているものはリスト化しておきましょう。

 

そして引越し当日に取り外せるようにしておくわけです。

 

 

■ウォシュレットの取り外し方

 

・引越前に必ず把握しておこう

 

最近ではウォシュレットを利用している方が多くなりました。

 

ウォシュレットに関しては、引越し先でも使えるケースが多いので、持って行くべきものの一つでもあります。

 

もちろん新しい物にする、といった方がいる場合もあると思います。

 

そんな時は、取り外して処分する、といったことも考えておかなければなりません。

 

ウォシュレットの取り外し方ですが、幾つかの段階があります。

 

トイレの水道栓を停めた状態で取り外しを実施して下さい。

 

電源プラグを抜くことも忘れないで下さい。

 

そこまで行ったら、連結何のナットを緩めて取り外しを実施します。

 

便座を外して工具でナットを外し、ウォシュレット本体を外すだけです。

 

特にウォシュレットの取り外しは難しいことはありません。

 

ただ、物によっては、取り外し方が異なってくることもあるので、各メーカーのサイトを確認して下さい。