知らないうちに聞かれてた・・・入居前に盗聴器探査をしてもらおう

テレビで盗聴器を探す、といった企画を観たことがありませんか。

 

実際に家に盗聴器が仕掛けられている、といったケースが極めて多くなっているのです。

 

しかも、大きな問題になるのが、その盗聴器がストーカー行為や空き巣行為などの犯罪行為の一助になってしまっている、というところです。

 

盗聴器があることで、室内のことが筒抜けになってしまうわけです。

 

盗聴器の中には不可思議なものもあります。

 

引っ越して住んだばかりで、誰も他人を家にいれていないのに、何故か仕掛けられているのです。

 

新しく住んだばかりなのになぜそのようなことが起こりえるのでしょうか。

 

こちらでは引っ越しと盗聴器の関係性について徹底解説します。

 

 

■引っ越し直後の家に盗聴器が仕掛けられている原因とは?

 

・前にその家に住んでいた人に対して盗聴器が仕掛けられていた

 

あなたに対して盗聴器が仕掛けられていたのではありません。

 

あなたの前に住んでいた方の生活行動を把握するために仕掛けられていたものが残ってしまった、といったケースが極めて多くなっているのです。

 

もちろん、前に住んでいた方の荷物が残っていない状態で引っ越してきているはずなので、盗聴器が残っているわけはない、と思うかもしれません。

 

しかし、コンセントの裏側に仕掛けられている、といったケースもあるのです。

 

この場合は、見た目的にも外からではまったくわかりません。

 

調査しなければその家に半永久的に盗聴器が仕掛けられたまま、となってしまう可能性もあります。

 

もちろん、前に住んでいる方が残していったソケットなどに盗聴器が仕掛け荒れていることもあります。

 

そういったものはなるべくすててしまって下さい。

 

一応ソケットなども分解すれば盗聴器が仕掛けられているかは確認できます。

 

しかし、素人には分解自体も難しいですし面倒でもあるので、捨ててしまったほうがより確実です。

 

 

・自分たちの荷物の中に盗聴器が仕掛けられていた

 

恐ろしい話ですが、実はコチランボケースも極めて多くなっているのです。

 

延長コードなどを、前の家から持ってきた、というケースも多いのではありませんか。

 

実はその中に盗聴器が仕掛けられており、盗聴電波を新しい家でも発してしまっている事例も報告されているのです。

 

そもそも、家に盗聴器しかける、というのは比較的簡単な行為です。

 

コンセントにソケットや延長コードなどを挿せば良いだけだからです。

 

あとはそのアイテムを使い続けてくれれば盗聴電波が発せられ続けます。

 

ちなみに、一般家庭だけでなく会社にも盗聴器が仕掛けられている事例が多くなっています。

 

盗聴器が仕掛けられてしまうと、会社の会議なども筒抜け状態になってしまうのです。

 

実際に、ライバル企業が仕掛けていった、といったケースも多く報告されており、企業も引っ越しの時には特に入念に盗聴器の調査を実施すべきです。

 

 

■盗聴器を発見するためには専門業者を利用しよう!

 

・より確実に盗聴器を発見してくれる

 

盗聴電波をキャッチする器具がなければ、盗聴器がどこに仕掛けられているかわかりません。

 

そこで専門業者に依頼するわけです。

 

専門業者には、様々な調査器具があります。

 

最近では盗聴器の種類も増えてきており、発見するのが難しいとされているのですが、発見するための器具が沢山あれば、より確実な調査が実施できます。

 

アナログ式の盗聴器やアナログ式の盗聴カメラ、といったものが昔は主体でした、しかし最近では、デジタル式の盗聴器と盗撮カメラもあります。

 

リモコン式盗聴器といったものもありますし、サーモグラフィを使用したカメラもあります。

 

引越し先をより安全にするためには、様々なリスクも考えてしっかりと盗撮カメラの調査をしてもらって下さい。

 

ただ、専門業者に調査を依頼するとなると、気になってしまうのが料金です。

 

高額な費用が発生するのではないか、と思ってしまうところですが、実際にはどの程度の金額で調査してもらえるのでしょうか。

 

 

・盗聴器の調査にかかる費用例

 

20,000円から50,000円程度とされています。

 

家の広さによって相場も異なってきますが、それほど高額に設定されているわけではない、といった特徴を持っているわけです。

 

20,000円から50,000円で安心できる、としたらどうでしょうか。

 

仮にその20,000円や50,000円をケチって盗聴器と一緒に生活、というのは嫌ですよね。

 

安心をするためにも、盗聴器の発見サービスの利用は考えておくべきです。

 

ちなみに費用に関しては、業者によってかなり差があるので、利用前にかならず見積もり依頼をして下さい。

 

見積り依頼に関しては、基本的に無料です。

 

ちなみに注意して欲しいのが、盗聴器を発見した後の処理もしてくれるのか、といったところです。

 

悪徳業者の中には別料金に設定しているところもあるので、必ず料金に盗聴器の取り外し費用も含まれている業者を選択して下さい。