最速で荷解きを終えられる6つの手順とは?

引越し作業で面倒に感じるのが荷解き作業です。

 

時間がかかってしまうと、引越し先でなかなか荷物の整理ができません。

 

一般的な生活をおくるのがだいぶ先になってしまう、といった状況にもなりやすいのです。

 

今回は、荷解きを少しでも早く終えられる手順に関して幾つか紹介します。

 

採用しやすそうなものがあったらぜひ実践して下さい。

 

荷解きを少しでも早く終えられれば、通常の生活が早く遅れるようになりますよ。

 

 

■その1|最初に大型の家具から配置してしまうこと

 

・荷物を入れてから家具を入れるのは非効率である

 

まずは荷物を搬入してその後に家具を配置すると、家具の設置できる場所も限られてしまい、だいぶ時間をロスしてしまいます。

 

基本的に家具を入れてから、荷物を運び入れる、ということがおすすめなのです。

 

家具を先に配置してしまうことで、生活スペースを確保することにもつながってきます。

 

そもそも、家具の配置に関しては、引越し業者が行ってくれるケースが多くなっているので、事前に新居のどの位置のどの家具を設置するのか、ということは把握しておきましょう。

 

間取り図などをコピーしておき、そこに設置する家具を記載しておく、といったこともおすすめです。

 

後は荷物を搬入して、荷解きを実施するわけです。

 

家具があることで、収納に対する作業も効率的に行えるようになりますよ。

 

 

■その2|空けるダンボールの順番を決めておく

 

・引越し後すぐに使うものから荷解きを実施すること

 

すぐに使うものからに時を行うためには、ダンボールの中に何が入っているのかを確認しておかなければなりません。

 

ダンボールにはあらかじめマジックで良いので、何が入っているのかを記載しておきましょう。

 

日常生活で使う可能性が高いは特にしっかりと記載しておきましょう。

 

たとえば、

 

・布団
・洗面用具
・食器

 

といったものはしっかりと記載しておくべきです。

 

生活において重要度の高いものからダンボールを開けていく、ということが荷解きを効率的に済ませるためにも大事です。

 

 

■その3|収納スペースの準備を行ってから荷解きを実施する

 

・荷解きする前に収納を準備しておくこと

 

荷解きしたとしても入れるところがなければ意味がありません。

 

そこでタンスやクローゼットなどに対して、仕切りや引き出しを作っておくのです。

 

あと入れるだけ、といった状態で荷解きを実施してください。

 

収納を整えておくことで、荷解きをした時に瞬間的に、どのアイテムをどの位置に入れる、といったことが考えつくようになります。

 

悩みながら収納場所に入れていく、ということはなくなるわけです。

 

短時間作業が期待できるので、非常におすすめできる方法、と言っても過言ではありません。

 

 

■その4|ダンボールの開封はその荷物を置く部屋に持って行ってから

 

・ダンボールを一部屋にまとめておかないこと

 

ダンボールに入っている荷物を収納する部屋に持って行ってから荷解きを実施して下さい。

 

引っ越しでよくあるのが、一部屋にダンボールを集めてしまう、というものです。

 

そしてその人部屋で荷解きをしてしまうと、その部屋から各部屋へ荷物を持っていく、といった状態になってしまうのです。

 

ダンボールは各収納する部屋に持って行って下さい。

 

その上で開封していくのです。

 

その部屋に収納していくことになるので、作業時間が圧倒的に短縮されることになります。

 

短時間作業で済ませたい、と思っている方には非常に有効的な方法、と言っても過言ではありません。

 

こちらの方法を知らない方が多いので、特に重要な方法としておすすめします。

 

 

■その5|ダンボールの開封は少しずつ実施する

 

・すべてのダンボールを一気に開封しないこと

 

まだ片付いていないダンボールがあるのに、2つ目3つ目、と開封してしまうのはおすすめできません。

 

荷解きが中途半端に終ってしまい、収納スペースに入りきらない、といった状況を生みやすくなってしまいます。

 

さらに、ダンボールを1つずつ片付けていくことができれば、荷解きのためのスペースも確保できます。

 

収納が終わったダンボールから整理できるわけです。

 

室内の移動効率もアップして、引っ越し作業自体が早く終る、といった効果もあるのです。

 

荷物を全部整理したダンボールから、1つずつ折りたたんで下さい。

 

荷造り用のヒモなどで縛ってまとめておく、といったこともおすすめです。

 

引越し業者の中にはダンボールの回収サービスを実施している例もあるので、引越し作業が終わったら業者に引き渡して下さい。

 

 

■その6|引越し業者に荷解きをお願いする方法あり

 

・引越し業者が手伝ってくれることもある

 

有料のオプションサービスとなっているのですが、最初から荷解きを含めたプランを利用する方法もあります。

 

家族だけで荷解きをしてもなかなかはかどりません。

 

引越しスタッフにお願いすれば、短時間で荷解きが終了する、といった可能性も十分にあるのです。

 

ちなみに料金は千差万別なので、必ず事前に確認しておきましょう。