引越し時の梱包で重宝する新聞はどこで手に入れる?

引越し時には新聞紙が大活躍してくれます。

 

お皿などのワレモノを包んで運搬すると、圧倒的に割れにくくなります。

 

引っ越しの荷物を守るために新聞紙は大活躍してくれるのです。

 

新聞紙のメリットは、軽さになります

 

仮にお皿一枚一枚に利用したとしても、重量的な負担はそれほどありません。

 

引越し業者でもワレモノを新聞紙でくるんで運ぶ、ということを推奨しています。

 

しかし、問題もあります。

 

以前は、新聞をとっている、といった家庭が非常に多かったのです。

 

しかし、近年では、新聞をとっている、といった方は翠雨なくなりつつあります。

 

特に若者世代は新聞をとっていません。

 

引越し時に新聞はどのように手に入れたらいいのか、といった問題が出てきてしまったのです。

 

こちらでは引越し時に必要になる新聞紙はどこで手に入れるべきか、といった事をお話します。

 

新聞を購読していない方で、引っ越しを控えている方は必見です。

 

 

■新聞の販売店に古いものを譲ってもらう

 

・新聞の販売店には古い新聞があるもの

 

近くに深部の販売店があったら余っているものを譲ってもらえないか、といった事を聞いてください。

 

各新聞の販売所ですが、少し多めに刷っているのです。

 

印刷のミスが有った場合には、取り替えなければなりませんからね。

 

そこで、その余っているものを譲ってもらう、という方法があります。

 

思ったよりも気軽にくれるものなので心配はありません。

 

引っ越しに使う、といった事情を説明すれば喜んで譲ってくれるはずです。

 

そのまま捨てるのはもったいない、彼らも思っているわけですから。

 

 

■近所の人にもらう方法あり

 

・新聞をとっている方に余っている新聞がないかを聞いてみる

 

引っ越しすることをご近所さんに伝えに行く、ということもあるでしょう。

 

その時に、余っている新聞はないかを訪ねてみてください。

 

新聞は古いものは用済みとなってしまうので、特に上げても大きな問題には発展しません。

 

ですから、喜んで譲ってくれるケースもあります。

 

新聞をもらっている過程は、比較的高齢の方が多いので、高齢世帯に聞いてみる、といった事をおすすめします。

 

若者世帯でも新聞をとっているケースは有りますが、確率としては下がってしまうので、ここは高率を重視するためにも高齢世帯に狙いを定めるべきです。

 

 

■100円ショップへ行き割れ物を購入する

 

・100円ショップには古新聞が置いてある

 

100円ショップに行くと、ワレモノが多く販売されていると思います。

 

もちろん、購入しないで古新聞だけを持っていくのはルール違反です。

 

そこでお皿やコップなどを購入して、少し多めの古新聞をいただくわけです。

 

何十枚も取っていくのは良いわけではありませんが、少し多めであれば特に問題はないでしょう。

 

ただ、こちらの方法を採用すると、引っ越しの荷物がかえって増えてしまうことになるので、必要なワレモノがある場合のみのおすすめの方法とさせてもらいます。

 

 

■新聞を置いている店舗へ行き古いものをもらう

 

・まんが喫茶
・ネットカフェ
・喫茶店
・理容店
・美容院

 

上記のような店舗には来客用に新聞を置いていることが多いです。

 

そこで置いている新聞をもらう、といった方法があります。

 

事前に店舗側に連絡して余っているものがないかを確かめてから行くのがおすすめです。

 

1紙だけでなく複数の新聞を購読している店舗もあるので、思ったよりも多くの新聞がもらえるケースもありますよ。

 

 

■新聞がどうしても手に入らなかった場合にはどうすべきか?

 

・プチプチ(緩衝材)がおすすめ

 

実は新聞よりもプチプチのほうが、ワレモノを守ってくれます。

 

より高い効果が得られるわけです。

 

ただ、緩衝材に関しては、新聞よりも手に入れるのは難しいです。

 

普段から通販で購入したものが送られてきた時に、プチプチが入っていた場合にはとっておく、といった対策方法がおすすめです。

 

ちなみに、プチプチに関しては、ホームセンターや100円チョップで販売されていることもあります。

 

少しお金がかかってしまうことにもなりますが、よりワレモノを完璧に近い形で守ってくれることになるので、特に大事なワレモノや高価なワレモノにはプチプチを利用して下さい。

 

 

・引越し業者に問い合わせてみる

 

引越業者が新聞紙を提供してくれたり、新聞紙の代用になるようなものを提供してくれたり、といったこともあります。

 

有料サービスになってしまうこともありますが、無料で対応してくれる場合もあるので、とりあえず一度連絡をしてみましょう。

 

 

・タオルを利用する

 

ワレモノの数が少ない場合にはタオルを利用する、といった方法もあります。

 

タオルにも新聞紙と同じような効果が期待できます。

 

ワレモノ同士を接触させないで済むようになるので、高い効果が得られるのです。

 

ただし、タオルが大量にある、といった過程は少ないでしょう。

 

さらに、全ての割れ物をタオルで包もうとするとかさばって仕方ありません。

 

新聞紙よりも使い勝手が悪いのが玉に瑕(キズ)です。