引っ越しの挨拶回りの粗品にはどんなものがおすすめなのか

引っ越し時に多くの方が悩んでしまうのが、あいさつ回りの品です。

 

どんなものが喜ばれるのでしょうか。

 

また、良く選ばれている粗品は何でしょうか。詳しく解説します。

 

昔は、「タオルセット」などを粗品として渡している例が多かったです。

 

最近の傾向について記載しますね。

 

※引っ越しまわりの挨拶回りについては行わない方もいます。

 

しかし、引っ越し後のご近所づきあいを円滑にするためにも行いましょう。

 

周りにどんな方が住んでいるのかを知るのにも役立ちます。

 

 

■喜ばれる粗品の価格帯とは?

 

・500円から1,000円前後のもの

 

安いと感じている方も多いと思いますが、その程度の金額に抑えているのには理由があります。

 

2,000円や3,000円の粗品をもらうのは、もらった方も負担に感じてしまうのです。

 

「お返ししなければいけないのでは?」

 

悩ませてしまうことにもなるので、お返しの必要の内容な価格帯のものを送る必要があります。

 

 

■引っ越し先物件のタイプを把握すること

 

粗品の内容に入る前に、引っ越し先のタイプを確認しましょう。

 

タイプを確認してからでなければ、適切な粗品選びはできません。

 

・ファミリー向け物件
・単身者向け物件

 

二つのタイプのうち、いずれかに基本的に属しています。

 

引っ越し先物件が一軒家であれば、基本的にファミリータイプとみて間違いありません。

 

マンション・アパートタイプについては、部屋数の多さで判断するべきです。

 

もちろん、ワンルームマンションであれば、単身者向け物件となります。

 

 

■物件タイプとおすすめの粗品について

 

・ファミリー向け物件・・・タオル・石鹸・洗剤・お茶・そうめん・うどんなど

 

タオルは実は現役で粗品として喜ばれている現実があります。

 

基本的に、家の中で使える“邪魔にならないタイプ”のものが選択されています。

 

価格帯についても安価になっており、負担を感じさせないのも紹介した粗品を選ぶメリットです。

 

・単身者向け物件・・・商品券・お菓子など

 

単身者の場合はファミリー向け物件に住んでいる方と違い、家事を限定にしか行っていないケースもあります。

 

それほど邪魔にならない、もらってうれしいものを送る必要があるのです。

 

特に前に住んでいた地域のちょっとしたお菓子などを買っていくと、喜ばれるケースが多いですよ。

 

ただ、食べ物なので賞味期限には気を付けましょう。

 

 

■粗品の購入方法について

 

・通販ショップで購入することも可能

 

スーパーやデパートで購入するのが基本ですが、きちんと包装してくれるのであれば通販ショップの購入も問題ありません。

 

まとめて購入すれば、通販でも送料無料にしてくれますよ。