一人暮らしで忙しい方にお勧めする「夜の引っ越し」

引っ越しは昼間に行う、といった印象が強いと思います。

 

しかし、昼間は忙しくて引っ越しができない、という方も多いのではありませんか。

 

そもそも引っ越しは、本人もその場にいなければならないわけです。

 

そこで注目して欲しいのが、夜に引っ越しはできないのか、ということです。

 

夜の引っ越しであれば仕事終わりに対応できる、ということもあるでしょう。

 

忙しい方も、予定通りに引っ越しができる可能性が高まるわけです。

 

今回は、一人暮らしで忙しいサラリーマンの方に向けて夜の引っ越しを提案しています。

 

どのような規模の引越し業者が取り扱っているのでしょうか。

 

さらに値段は高いのでしょうか。

 

近隣トラブルは発生しないのでしょうか。

 

夜の引っ越しについて徹底解説します。

 

 

■中小の引越し業者が取り扱っているケースが多い

 

・大手は夕方までの作業としていることが多い

 

夜の引越し作業に対応している引越し業者は比較的中小の業者が多くなっています。

 

大手に関しては、午前中と午後の2回の対応になっていることが多いです。

 

大手の場合は、黙っていてもお客さんが来るので、夜にわざわざ引っ越しをする必要はない、といった状態になっているのです。

 

ですから、夜の引っ越しには少し心配な点がある、と言っても良いかもしれません。

 

ベテランの引っ越し作業員がいればよいのですが、もしかしたら新人のような作業員ばかりになってしまうかもしれません。

 

中小の引越し業者であったとしても、もちろんしっかりと対応してくれるところはあります。

 

インターネットなどで評判をチェックし、良いと思えたら利用する、といったことがおすすめです。

 

何も調べずに利用してしまうと、荷物が損傷してしまう、といった状態になってしまうかも知れません。

 

 

■夜の引っ越しは昼間の引っ越しに比べてどのくらい高いのか?

 

・5,000円から10,000円ほど高めに設定されている

 

非妻の引越し料金が30,000円であった場合には、35,000円になってしまったり40,000円になってしまったり、といった状況も考えられるのです。

 

引っ越しに関して、少しでも安く行う遺体、といった事を希望しているのであれば、なるべく早い時間帯に行って下さい。

 

一方で、夜しか引っ越しはできない、という場合には、少し割高となってしまいますが、頼む他ありません。

 

ちなみに夕方からの引越し作業であればそれほど割高にならない、といったケースもあります。

 

この辺りは見積もり次第なので、幾つかの業者に対して見積り依頼を実施して、その結果から利用するところを決める、といったこともおすすめです。

 

高い料金がかかるのが嫌だけど夜に引っ越しせざるを得ない、という場合には、繁忙期である3月から4月を避ける、といった方法があります。

 

さらに平日に引っ越しをおこなう、といったこともおすすめです。

 

金曜の夜と土曜の夜は特に高く設定される恐れがあるので注意して下さい。

 

 

■夜の引っ越しで近隣トラブルが発生することはあるのか?

 

・十分に考えられる

 

集合住宅から引っ越したり、集合住宅へ引っ越したり、といった場合にはそれなりの騒音が発生してしまうことがあります。

 

あまりに遅い時間に引っ越しを行ってしまうと、将来的なご近所トラブルに発展しかねないので注意して下さい。

 

たとえば夜の引っ越しをするにしても、夜の8時から9時くらいまでで作業を終わらせる、といったことが大切になります。

 

夜がふける前に作業を終わらせることがあれば、それほど大きな問題になりません。

 

注意したいのが、夜の10時以降まで作業をしてしまうことです。

 

中にはそろそろ就寝をする、という方もいるのでちょっとした騒音も気にさせてしまうのです。

 

引っ越し直後からご近所さんに悪い印象を持たれるのは良くありません。

 

よる引っ越しするにしても、引越し作業をする時間帯には気をつけるべきです。

 

 

・夜に引越し作業することをご近所さんに事前に伝えておくこと

 

何も知らせずに引越し作業を夜に行うのは良くありません。

 

必ず事前に、夜に引越し作業する旨を伝えて下さい。

 

伝えないで行ってしまうと、苦情が入ってしまうこともあるのです。

 

昼間の引っ越しであったとしても騒音トラブルに発展する恐れがあるので、夜の引っ越しの場合はなおさらです。

 

前もって事情を話して、「何時から何時くらいまでうるさくするかもしれません」と伝えておいて下さい。

 

事前に話を聞いていれば、多少うるさくても理由は分かっているので、それほど怒りはこみ上げてこないものです。

 

 

■夜の引っ越しの注意点

 

・ライフラインの開設は事前に行っておくこと

 

夜にライフラインの開設を行ってもらうのは難しいです。

 

ですから、事前に電気水道ガスの開通作業を実施しておきましょう。

 

ライフラインの解説に関しては、マンションの管理会社などが実施してくれることもあるので、お願いしておく、ということもおすすめです。

 

時間がないときは、マンション管理会社に頼りましょう。